top

2017年10月18日水曜日

耳を傾ける

お見合いパーティーを見ながら
交わり会の様子を見ながら

「傾聴」の難しさ

について考えます。


とても赤裸々な話になりますが

相手に興味がなくなりながら話を聞いている人の顔は
それはもう露骨に「興味ナイ」が出ています。

残酷なくらいに
「興味ナイ」顔になっています。

交わり会などになると
「あなたの話は別にいいんだけど」
な顔をしている人もいたりします。
それは、本当にそうとわかるような表情なのです。

そういうのを、客観的に見ていて
私としては、とてもさみしい気持ちになります。

だって、

自分が人にそんな顔をされたら
めちゃめちゃ辛いじゃないですか。
なんとなく自己嫌悪に陥ってしまうじゃないですか。
うまく表現できない部分を汲み取って欲しいと
心の中で必死に足掻いていて
それだけでも、もう崩折れてしまいそうなのに
目の前でシャッターおろされたら
なんだか絶望的になるじゃないですか。


話を聞いていて
「なんだ?」と思うこともあるし
「何言ってんの?」と思うこともあるし
「なぜそんな話し方?」と思うこともあります

でも、その先や、その奥を
もう少しだけ見守りながら探ってあげたい
そしたら自分も納得できることもあるかもしれない
そしたらその人を好きになれるかもしれない

そう思って「耳を傾けてみる」

そんなちょっとした忍耐と優しさが
クリスチャンにはあってほしいなぁ、と
願ったり祈ったりするのです。


神様は、罪に縛られどうしようもなく、不器用で頑なな私たちに対して
忍耐をもって愛してくださっています。

ものわかりの悪い私たちのために、キリストは
「父よ、彼らをお赦しください。彼らは何をしているのかわからないのです」
と十字架の痛烈な痛みと苦しみの中で、とりなして祈ってくださいました。

神が私たちに注がれた愛を覚えていたい。
その愛をしっかりと心で握りながら
いろんな人と向き合うことができたら・・・と
思います。


2017年10月10日火曜日

「気分の浮き沈み」と「信仰の一貫性」の違いと影響

人だから気分が浮いたり沈んだりします
信仰が熱くなったりぬるくなったりします

でも、

その中にあっても

神の愛と導きを信じる
自分がキリストの十字架によって救われたことは信じる
永遠のいのちの約束が与えれたことを信じる
神が自分の将来を握り、それは希望あるものだと信じる

そういう信仰の根底は手放すことはない
ならば

気分の浮き沈みはあっても、
信仰には一貫性がある
と言えると思います。

そういう人は、周りから見て
落ち込んでても元気でも、見ていて安心感と信頼感を感じます。

ところが

身の回りの状況や、自分の感情に応じて
神を疑ったり、救いを疑ったり、天国を疑ったり
希望を見失い続けていたり・・・

ということは

救いの根本、福音の根本をしっかり握っていない
本当には信じていない
ということではないか?
と思うことがあります。

簡単に言えば、信仰に一貫性がないように思えるのです。

気分が落ち込んでいると、その人の中で神も希望も無くなる・・・
気分が上がると、神はいる!愛だ!!ハレルヤ!!となる・・・

その姿は、見ていて非常に不安と奇妙さを感じます。


これまでの、クリスチャンの結婚のいろんなケースを見ても

弱さがあっても、信仰に関しては一貫性のある人は
結婚に導かれていったように思います。
(CCMには弱さがない人はほぼいませんが…)

逆に

強がっていても、生活レベルや地位がしっかりしている人でも

信仰の一貫性のない人は
なかなか導かれないように思います。

なぜなら、その一貫性のなさが、
交わりを破壊させ、人間関係の構築を妨げてしまうから
ではないかと思います。

もちろん、導きには神の時がありますから、
今まだ結婚に至ってないすべてのひとが
信仰に一貫性がないと言っているのではありません。

けれど
今の自分の状態が、どちらなのか。
クリスチャンは常に省みる必要があるのではないかと思うのです。
「目を覚ましていなさい」と聖書の中で何度も語られているように…。

クリスチャンの婚活はごまかしがきかない・・・
とよく思います。

恋愛ならば、感情的な盛り上がりで、結婚に至ることもあるかもしれない。

けれど、婚活はもっと冷静で客観的視点が入る分だけ
感情的に勢いでもっていくことは難しいのです。
「いや、まてよ、盛り上がってるけど、これは本当にいいのか?」
という声が必ずどちらかの、あるいは両者の頭の中で響くからです。

それが、クリスチャン婚活の特徴でもあると思います。


婚活にはいろんなテクニックがあるのも事実です。
誤解をうまないために注意していい事項もあります。

けれど、人間は霊的な生き物です。
霊的な部分はテクニックでは補えないし、
そもそも信仰に一貫性のない人はテクニックを使いこなすことができません。
なぜなら、テクニックを使いこなすには安定した精神状態、精神のコントロールや自制が絶対に必要だからです。

そして
霊的なゆがみは必ず伝わります。少なくとも神の目には明らかです。

霊・肉、共に整えていくこと…
霊・肉、共に誠実であること…


大切にしてもいいことじゃないかな、と思います。





2017年10月5日木曜日

希望をもつ秘訣

今、「クリスチャンらしい婚活をするために聖書を一緒に学ぼう」企画を
絶賛遂行中です。

ハーベストタイムミニストリーズの
「30日でわかるマタイの福音書」全30回の講座動画を見て
フィードバック(感想)をお互いにシェアする
ということをやっています。

最終的に23人(5グループ)でやっています。

同じメッセージを聞いて、23通りの感想があります。
その人の状況、心理状態、これまでの過程によって、
心にヒットするところはまちまちです。
それを分かち合って、また気づくことがある。

そして、この「30日でわかるマタイの福音書」のメッセージが
非常にわかりやすく、こころに染み渡る、あるいは刺さり
約1時間のメッセージですが、聴き始めたらあっという間なのです。

今、マタイの1章、2章を経過中ですが
そこで大きくテーマになっていることの1つが

「希望」

です。


そして、ちょっと目からウロコなのが


希望は、確信からうまれる。
確信は、事実の検証からうまれる。

ということのように思います。


ただふんわり「いいことが起こる、うまくいく」と思うのは
希望ではなく、
たぶん
希望的観測であり
その土台は自分の“感情・感覚・フィーリング”ではないでしょうか。

けれど、これほど弱い土台はない・・・

聖書に由来する希望というのは

聖書を通して、
神様が人と約束をし、それを約束通りに成し遂げた歴史を
検証していく

聖書を通して、
神が人と共にいた歴史を1つ1つ確かめていく

そして、
約束をかならず成し遂げる神が、
この歴史の中でずっと人とともにあった
ならば、
今も、同じ神が、
私の人生に対する約束を必ず成し遂げ
私とずっと共にあるはずだ!

という理論によって確信を得る。

その確信の土台は歴史的事実なので、ゆるぎません。
だって、実際起きたんだもん。
可能性で言えばアリだったんだもん。
ナイなんていえないじゃないですか。

そのゆるがない確信があるから、希望をもてる。
神が、私の人生に対する約束を必ず成し遂げ
私とずっと共にある!
というコトは、とてもポジティブな内容です。

ポジティブな内容の確信からは、希望がうまれるのは当然です。


そして、不安になったら、
立ちもどれる場所・・・聖書がある。
聖書に記録された世界、事実たちが、
語りかけ、励ましてくれる。



それが、クリスチャンの希望の持ち方だよ
と、
今教えられています。


婚活という試練、荒波にあって
希望は必須です。

この「希望をもつ秘訣」
おすすめです。

希望をもつために、
是非聖書を開いて、探してみてほしいな、と思います。


2017年10月2日月曜日

心の部屋を明け渡す

何か起こった時
とくに
心にもやっとすること
心にムカッとすること
心に不安を感じること
ぐぐぐーっと力が入ること
強い願い・・・

そういうときは

主に委ねましょう・・・
思いを手放しましょう・・・
と言われますよね。

「何も思い煩わないで、
あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、
あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。
そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、
あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。
(ピリピ4:6〜7)」

このみことばが、そういわれる元になっていると思うのですが


ずっと

それってどういうこと?

と思っていました。

なんだか、
良いにしろ悪いにしろ、その強い思いを
自分の手から放すというのは
やっぱり怖かったり、
なんか無責任じゃないかって思ったり
していたんです。


けれど、ある時
すごくわかりやすい表現、イメージ
を教えていただきました。

ーーーーーーーー

私たちの心は
大邸宅のようなもので
その心の大邸宅に
私たちは神様をお迎えした。
(福音を受け入れ、信じ、心と人生に神を迎えた)

けれど、大邸宅なので
たくさんの部屋がある。

神様は、広いロビーには入っている。
けれど、すべての部屋には入れていなくて

私が部屋をあけて神を迎えると
神様はその部屋に入って、そこに住み、部屋を整えたり
素敵にしたりしてくれる。
一緒にいてくつろげる部屋に整えてくれる。
そんなふうに、神が働かれる・・・。

何かを握っているということは
その部屋が
頑なな「開かずの間」になっていて
家主が部屋の鍵をあけないと、
ロビーまで招いた神様も入ることはできないんだよ。

ーーーーーーーー

ね、
素敵なイメージじゃないですか?


この話を聞いてから、

なにか強い思いがあったり、強い不安があったり、
自分の頭でこだわりそうになったとき
ほぼあらゆるときに

「神様、心のこの部屋を明け渡します。どうぞ働いてください。」

と祈るようになりました。

この祈りをすると
すーーっと平安が心に広がります。

他人に見せられないようなぐっちゃぐちゃになった部屋
自分でもどうすることもできない部屋を
神様に対して開いて、入っていただいて
整理してもらい、さらに素敵にしてもらう。

そんなことしていただけるなんて
もう、感謝しかわかない・・・
嬉しいし、そうしてもらえる安心感があります。


「何も思い煩わないで、
あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、
あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。
そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、
あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。
(ピリピ4:6〜7)」


アーメン!



2017年9月30日土曜日

人には期待しない、でも信頼してる

あるときから
とても心が楽になりました。

かつては
すごく人を妬んだり、恨んだり
人に傷ついたり、うらめしかったり
人が怖かったり
したんです。

私が傷つきやすかったのか
傷つけられる経験が多かったのか・・・

その両方かもしれませんが、

人を信じては、その人に裏切られる
期待しては、期待が外れて傷つく
そういう経験はそれなりにしました。


演劇をやっていた時代
所属していた事務所の社長が交代し、分裂が起こった時
恩師や仲間に背を向ける形で新体制についた。
新社長はえらく目をかけてくれたのが、ある日突然シカトが始まった。
間に立っててくれたはずの先輩は、手のひらを返し、自分が社長に嫌われないために
盾となることをやめ、責任を私に被せる形になった。
大勢の前で糾弾されたり、いちゃもんをつけられたり・・・。
結局辞めざるを得ない・・・ことになった。

どんな形でも一緒にいようと約束した相手が
鬱になった。夜中の3時に呼び出されても駆け寄り添った。
けれど、鬱が辛いからもう会わないでくれと言われて
なんとか自分の心のけりをつけて泣く泣く離れた。
その人に雇われてもいたのだが、もう無理ということで、
別の会社に私の身は引き取られる形になった。
その1ヶ月後、何事もなかったように目の前に現れて
「元気?」と笑顔で言われた。
腹が立って、私がどんな気持ちだったかわかるか?!と聞いたら
「じゃあ言わせてもらうけど、俺だって君に傷つけられたんだ!!!」
とキレ返された。相手は15歳も年上だった。
いろいろショックで1年半生理がとまった。

背神の10年から、神に立ち返り、
そのきっかけとなり拠り所となった教会では
「なんでも相談して」と言ってくれた友人がいた。
しかし、ある時、ちょっとしたすれ違いが起こる。
私の「ごめん」と言った声が聞こえなかったらしく、
「あなたは、謝らないよね!」と怒られた。
ちゃんと言ったことを伝え、誤解なのに怒られるのは傷つくと言うと
「誤解だってお互いわかったんだから、もういいじゃん」と
こちらが傷ついたことに対しては、寄り添ってもらえなかった。

尊敬していた牧師に、教会でうまくいかないこと、実家に少し帰りたいと相談をしたら
「君はエゴイスティックで、独善的だ!今ここを離れたら君に祝福はない!!!」
と怒られた。
結局、その教会を離れることにした。

優しかった牧師夫人に、ある時からシカトされたり、嫌味をいわれたこともある。

・・・・・・

うーん、思い返せば、いろいろあるなぁ(苦笑)

だから、

「人には期待しない」

と、ある時から思うようになったのです。

仕方ない、人は裏切るし、裏切る形になってしまうことはあるのです。


でも、

今はそれで悪意をいだくことはありません。

「信じる」ことは失っていないんです。


それは

人には期待できないけれど、
起きる物事については神様が最善にしてくださると信頼している

から。

だから、
人によって裏切られたり、約束を守ってもらえなかったり
予定が変わったり、思っていたことと違うことになったりするけど

起きるすべてのことは神様の采配で
それは完璧で
目の前の結果は、それはそれで意味があり
それはそれで今のところ最善なのだろう
と思えるのです。


人をみると傷つく
でも、
上をみると、神を見上げると
傷つかない

でいられるのです。


そのくらい

神は良いお方だと
そこんとこは、揺るがずに信頼しています。


なぜなら

あれだけの罪びとだった私を
赦してくださった神様だから

生きながらにして死んでいたような私を
救って命与えてくれた神様だから

絶対わたしに悪いことはしない!するはずがない!!

それだけは、信じられるのです。



その同じ神が

あなたの人生を握って導いている
どんな人に囲まれて
どんな目にあったとしても・・・

と、

辛い時は、是非、思い出してください(^ ^)


本日12時 締め切り!クリ婚キャンペーン企画!

本日締め切り!
聖書を学び、交わりをし、祈り合うことで、婚活にも社会生活にも信仰の土台をすえ、力強く歩めるようになろう・・・。
なんと、現時点で20名が集まっています。
(今朝の時点でもどんどん増えてます。)

>>>本日お昼12時まで受け付けます!<<<


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
クリスチャンの婚活・・・とは?

一体どんなものでしょう?



ただ、お相手をクリスチャンに限定して婚活をする

ということではありません。

クリスチャンらしく、婚活をする

ということだと、私は思います。


では、

クリスチャンらしく婚活する、とは?


悩んだり困ったり試練に会った時に
聖書のみことばを土台にして、問題を解決し
聖書のみことばから前に進む力をいただき
祈りと交わりによって心を整理して
人と出会い、交流し、結ばれていく・・・

ということだと思うのです。

でも

聖書のみことばを、どうやって土台にすればいいのか
どうやってみことばを自分の生活に適用すればいいのか
よくわからない・・・

という方もいらっしゃると思います。

困った時に、聖書の何を思い出せばいいの?
そもそも、聖書が言ってることが、あまりよくわからない
なんだか整理して理解できてないから
いざってときに、どう役立てて良いものやら・・・・

と、思ったりしませんか?


そうなんです。

この問題を解決するには
「聖書をある程度理解する」
「聖書の読み方のコツをマスターする」
「聖書と自分の人生の接点をみつける」
という学びが必要なんです。


私自身が、CCMをやっていて、この問題にぶち当たりました。
なので、去年の4月から「ハーベスト聖書塾」というところで
お金を出して、本格的に聖書の学びを続けています。
そして、ここでの学びで、
劇的に聖書理解が変わり
私自身の信仰生活も画期的に変わりました。


で、


みんなで、
「聖書をある程度理解する」
「聖書の読み方のコツをマスターする」
「聖書と自分の人生の接点をみつける」
をやりたい!とずっと思っていたんです。

だって、

本当に
劇的に人生が歩みやすくなるから。
劇的に、試練が乗り越えやすくなったから。


そこで、


緊急企画!
「クリスチャンらしい婚活を実践するための
聖書の学びを一緒にやろうキャンペーン!!!!」(←長い)
(略して、「クリ婚キャンペーン」)
をやろうと思います。

これに最適の教材がありまして
ハーベストタイムの『30日でわかる聖書:マタイの福音書』という
シリーズ動画です。

まず
この企画に参加する方で、LINEグループを組み、
一定のペースでこれを聞いて
感想や疑問や発見をシェアする。という企画です。

聞くの忘れるかも・・・、
めんどくていやになるかも・・・
という方も大丈夫!

励ましの声かけをします。1人じゃないから頑張れる!
そして、結構この動画・・・飽きません。
話し手の話がうまくて、目から鱗の連続です。
そして、よくわからないなーと思ってもとりあえず最後まで聞けばOK
(と、ハーベストタイム側が言っています)

ディボーション苦手、やり遂げたことがない
という方も、30回分だけでいいから、
一緒にやりとげてみませんか?

これが終わった頃には、
たぶん劇的に
何かが変わっていると思います。

そして、さらに
この企画に参加し最後までやり遂げた方に
特典があります。

それは・・・
「特別に無料カウンセリング&お相手紹介サポート」
です!

現在、CCMでは個別の紹介サポートを休止しています。

しかし、特別に、この企画に参加し最後までやり遂げた方は
カウンセリング(面談or電話、Skype)をし、
他の婚活でも使える「プロフィール」を作り、
紹介対象者としてサポートさせていただきます!



婚活でつまづいている方、
婚活が停滞している方
なにか打開して前に進みたい方

是非、この企画にエントリーしてください!!

申し込みは、9月いっぱいまで!

参加希望の方は

smile.forward.project@gmail.com まで
「クリ婚キャンペーン参加希望」と「お名前」と「LINE ID」を添えて
メールをください。
詳しい詳細をお送りします。

是非、是非是非
お待ちしております!


2017年9月28日木曜日

WHAMをききながら

Amazon Musicという、音楽がたくさん聴けるツールのおかげで
最近とてもよく音楽を聴いています。

Amazon premiumに入っているので、そこに登録されている音楽は
聴き放題なのです。

しかも、私の好きな、ちょっと古い洋楽がたくさんあります。
60年代〜90年代の洋楽は
いつもリビングで流れていたので、
私の原風景でもあります。

すごく田舎だったので、CDレンタル屋さんがやっと1件たったのも
小学校3、4年のときだったように思います。

それまでは、父や母が持っているCDやテープをかりて
自分の部屋のデッキに入れてかけて
聴きながら勉強したり、絵を描いたりしてました。

Amazon Musicで
ひさびさに見つけた「WHAM」

最近テレビでH&MのCMにも使われていますが

WHAMも思い出の曲の1つ

ひさびさにアルバム2枚分をフルに聴いて

懐かしーーーーーーーー!!
思いは、幼い頃の子供部屋へと馳せました。

そういえば、中学生頃になって
ミュージカルにはまって
「オペラ座の怪人」のサントラを買ってもらって
部屋でかけまくって・・・
歌いまくっていたなぁ・・・

というのを思い出しました。


我が家は、割と古く、結構隣の音がきこえます。

そんなこと気にもせず、自室に入ったらマイワールド・・・

初めは小さな声だったのが、だんだん大きくなってたような

そういえば、トイレでもお風呂でも歌っていた・・・



・・・もしかして、相当うるさかったのではないか・・・


それでも、一言も「やめなさい!」とか「うるさい!!」
と親や祖父母から言われることはありませんでした。

本当は、うるさかったかもしれないのに・・・

なんか

私は
いろんな人にゆるされながら
生きてきたんだなぁ


と、ふと思ったのです。

きっと、他の場所、他の環境でもそう

友達にも、
職場でも、
先輩にも、
師匠にも、
見知らぬ誰かにも、

きっと、
いろいろと、たくさん、
不手際や迷惑や失礼や力不足をやらかしてて
でも
ひとつひとつ、ゆるされて
時には見逃してもらい、時にはスルーしてもらい、時には我慢してもらって
生きてきたんじゃないかな


そして、なにより
神様は、ずーーーっと私を見守りながら
たくさんのことをゆるして
今も生かしてくださってるんじゃないか



ならば、

私が誰かをゆるさない・・・とか
ありえないよね、
言える立場じゃないわ・・・

と、自然と思って



なんかそんなことを
WHAMを聴きながら
思ったのでした。


緊急企画!
「クリスチャンらしい婚活を実践するための
聖書の学びを一緒にやろうキャンペーン!!!!」

なんと16名集まりました!
すでに、10月からのスタートに向けて、
準備や交わりを進めています。
約3ヶ月、がっつり聖書を学び、交わり、祈りあっていきます。

どうかこのために、参加するお一人一人のために、お祈りいただければ幸いです。