top

2017年7月20日木曜日

お見合いパーティー無事終了

主の御名を心から賛美します。

7/17名古屋クリスチャンお見合いパーティー、無事に終えました。
オファーメールも無事送り終え、それぞれに次のステップに進んでいる・・・と思います。


いろいろありましたが、とにかく当日は最後まで守られ感謝でした。

参加者の皆様、ありがとうございました。
今回は、関東からも関西からも参加者がおり、距離を超えてその熱意を感じました。
また、初めての参加者の方も多く、私も新しい出会いに感謝でした。

おひとりひとりのために祈ります。

また、背後で祈ってくださった皆様、ありがとうございました。

本当に、皆様の祈りがあって、なんとか無事にやっています。
大きな事件もなく、トラブルもなく、ここまでこれているのは、本当に奇跡です。
祈り無くしては、サタンの攻撃から会を守ることはできない、と心から思います。

本当に、感謝です。ありがとうございます。


CCMの今後の展開は、まだ決まっておりませんが、

主催の私のスケジュール上、パーティーはこれで年内最後かと思います。

お見合いパーティーは、交わり会とは違い、当日までがかなり労力がかかります。
宣伝告知、申込み対応、参加者との連絡、情報の管理、相談への対応、当日の資料等の準備、などなどなどなど。
当日は、とてもデリケートな状態で集まるお一人一人に注意を払いながら、会の雰囲気に気を配りながら、会場準備、受付、遅刻者の対応、道案内、進行、サポート、片付けなど、緊張でいっぱいの数時間となります。
そして、本番以降のオファー対応や相談・フォロー等は長くて会の後1ヶ月ほど続きます。

かなり、精神的にも肉体的にも労がかかるのが、実はお見合いパーティーです。

高い参加費をとってるんだから、そのくらいやって当然だろう!
と、たまーに言われますが、
経費(特に宣伝広告費)にほとんど消えるのと、その後の交わり会やミニストリーの次の展開のために少しでもプールすると、
私自身には一銭も入りません。
つまり、サービス、フォローなど、お金に換算できないことに関しては、
完全にボランティアとなるわけです。(でも、そこが一番労力なんですけどね)

なぜ、多くの教団や教会が本格的なお見合いパーティーをやろうとしないのか、
わかる気がします(^ ^;)


というわけで、

交わり会などは、開催することが決まったらまたこのブログにてお知らせするつもりです。

そのときは、是非ご参加ください。

また、個人での相談はいつでも受け付けております。
HPの相談フォームから、ご相談ください。




今回のパーティーからも、いろいろなことを考えさせられました。
どうしたら、もっと交わりがしやすくなるのか。
どうしたら、婚活のメンタリティーは育つのか。
そのために、CCMで何をやっていったらいいのか、
何を伝えていったらいいのか、できることはなにか、

それを、今少しずつフィードバックしつつ、整理しています。


少し、ブログの更新がストップしてしまいましたが、
また、そのあたりを少しずつ言葉にして、
ここでお伝えして行きたいと思います。


是非、お祈りください。


今後とも、どうぞよろしくお願いいたします(^ ^)









2017年7月16日日曜日

明日のパーティーに向けて思うこと

いよいよ明日は、CCMクリスチャンお見合いパーティーです。

今回は、申込み受付の段階で、かなり波乱万丈な展開を迎えてきています。
これほど、準備段階であたふたしている会は初めてです。

とてもいろんなことを思わされ、祈らされます。


しかし、ずっとこのみことばが
私の中で何度もなんども、回っています。

「あなたがたはどこまで道理がわからないのですか。
御霊で始まったあなたがたが、いま肉によって完成されるというのですか。 
(ガラテヤ3:3)」

祈って祈って、信仰によって始めたこのミニストリー
祈って祈って、信仰によってここまで続けさせてもらってきたこのミニストリー
たくさんの奇跡、神の業、神の恵みを最前列でみさせてもらったこのミニストリー
完成させるのは、私の力ではない。

完成させるのは、神様だ。

今回の、お見合いパーティーも

一人一人の結婚も

私たちは、神様の語りかけや愛に呼応して
自分なりの努力をします。
行動できることは行動していく。
でも、最後に、完成させてくれるのは、神様です。

そのことを、忘れないで、
明日は会場に向かいたいと思います。

心から

心の底から

祈りつつ・・・


2017年7月11日火曜日

速報!お見合いパーティー、あと1名!

お見合いパーティー、キャンセルがでました!
あと1名、エントリー可能です!!

〈申し込みフォーム〉
https://ws.formzu.net/fgen/S99162387/

お見合いで意識する4つのポイント

お見合い、お見合いパーティーで
意識しておくべき4つのポイントを
みことばと共に、考えてみました。


1、マイナス思考、なにかや誰かの批判、問題提起という話題はナシ!


理由:聞いている人は、ほぼ初対面。そういう話は聞いていて、悲しい気持ちになる。
より話を聞きたいとも、相談に乗りたいとも思わないから。

とはいえ、ほとんどのそういう内容は、無意識に、つい口をついて出てしまうものです。

「愚か者でも、黙っていれば、知恵のあるものと思われ、その唇を閉じていれば、悟りのあるものと思われる(震源17:28)」


しかし、黙っていては、お見合いにならない・・・・


では、どうしたらいいでしょうか・・・?


それは

普段のマインドセットを変えていく・・・ことだと思います。

普段の自分の思考パターンを意識的に変えていくのです。

何かに不満を感じた時それを「問題だ、問題だ!」と思うのではなく
たとえば、神に預ける、たとえば、とりなしの祈りをして、ゆるす…

「そむきの罪をおおう者は、愛を追い求める者。
同じことを繰り返して言う者は、親しい友を離れさせる。(箴言17:9)」

「親切な言葉は蜂蜜、たましいに甘く、骨を健やかにする。(箴言16:24)」

「柔らかな答えは憤りを静める。しかし激しいことばは怒りを引き起こす(箴言15:1)」

日々を、マイナス思考や、非難、批判、問題視で、
埋めつくさないようにしてほしいと思います。

自分も人も嫌な気持ちになるし、日々が灰色になっていきます。

生きにくい今の世の中だからこそ、
そうであってはいけないように、私は思います。

「悩む者には毎日が不吉の日であるが、心に楽しみのある人には毎日が宴会である(箴言15:15)」

「心に喜びがあれば顔色を良くする。心に憂いがあれば気はふさぐ(箴言15:13)」

毎日楽しく喜びをもって生きているんだろうな、という感じは滲み出て
人に伝わります。(その逆も、またしかりです。)

一緒にいたら、一緒に暮らしたら楽しそうだな・・・
そんな人に、人はきっと惹かれるのではないでしょうか。

<普段の生活から、自分の思考パターンを意識的にプラスにしていく>

2、会話は焦らず、相手の目を見て


最近、大分福岡で大変な災害がありました。そのなかで、村で唯一のお医者さんだと言う方が、避難者のケアに立ち回っていました。そのお医者さんが言っていたことです。

「こういう時こそ、絶対に患者さんの目を見て話すんです。そうすると、ちょっと相手も落ち着くので。」

相手が同じように見返していなくても、視線というのは感じるものです。
「ちゃんと見てくれている」ということは、相手に安心感を与えます。

その上で、落ち着いて聞き、落ち着いて話す。

「良く聞かないうちに返事をする者は、愚か者であって侮辱を受ける。(箴言18:13)」

「熱心だけで知識のないのは良くない。急ぎ足の者はつまづく。(箴言19:2)」

焦ってしまうと、誤解を生む可能性もあります。
タイトな時間の中でも、落ち着いて、相手に良く聞き、目を見て対峙する
のがいいのではないかな、と思います。

<緊張しても、焦らずに、相手の目を見て、聞く、話す>

3、心を閉ざさない


初対面というのは、緊張するものです。
ましてや、お互いを知るとか伝えるという場・・・
「どんな風に見られるか。どんな風に思われるか。」
怖いですよね。

けれど、

だから自分を閉ざす・・・

というのは、得策ではないようです。

「おのれを閉ざす者は、自分の欲望のままに求め、すべてのすぐれた知性と仲たがいする(箴言18:1)」

相手に対して自分を閉ざしてしまうと、

「どうせこう思われてるんだ、どうせああなっちゃうんだ、
この人はきっとこういう人だ、こう思っているに違いない・・・」

自分の中で"決めつけ"や”思い込み”が進んでしまいます

思い込みや決めつけというものは、
「自分がそう思いたいから、そう思った方が楽だからするもの」です。

それは事実や現実とは、ちがう・・・かもしれませんよね?

相手がどう感じるかは、さまざまです。
そして、それをコントロールすることはできません。

<自分にできることは、心を閉ざさず、相手に向き合うこと>

ただし、心にあるものをただただ垂れ流しにするのは、
大人としての自己開示ではありません。

それは、共にいる人にとって親切ではない、と私は思います。

そこは、「ポイント1」を必ず意識するといいと思います。



4、相手を1秒でも笑顔に…を目指す


「つぶやかないで、互いに親切にもてなし合いなさい(ペテロ4:9)」

「何よりもまず、互いに熱心に愛し合いなさい。愛は多くの罪を覆うからです。(ペテロ4:8)」

「それぞれが賜物を受けているのですから、神の様々な恵みの良い管理者として、
その賜物を用いて、互いに仕え合いなさい(ペテロ4:10)

お見合いは、面接ではありません。
あなたは面接官でも受験者でもありません。
そして、どちらにもなっては、いけないような気がします。

目の前にいるのは、同じ神を信じる友です。
兄弟姉妹です。天国に行ったら必ず顔を合わせる仲間です。

一緒にいる短い時間でも、良い時間が過ごせるように、
自分に何ができるかな・・・と意識してみてはいかがでしょうか。




こういうとき、よく来る質問があります。

『意識してみて、頑張った・・・それでもオファーやいい返事がもらえなかったら??』

私は、そのとき、このみことばを思い出すのです。

「自分にしてもらいたいと望むとおり、人にもそのようにしなさい。
・・・彼らに良くしてやり、返してもらうことを考えずに貸しなさい。
そうすればあなたがたの受ける報いはすばらしく、あなたがたはいと高き方の子どもになれます。
なぜなら、いと高き方は、恩知らずの悪人にも、あわれみ深いからです。
あなたがたの天の父が憐れみ深いように、あなたがたもあわれみ深くしなさい。
(ルカ6章)」

自分がしたことの報いは、した相手からくるのではなく、天からきます。

神様の評価、を大事にしてみませんか?

「願った結果は得られなかった。でも、あそこでの私の姿は神様は見ててくださったよね。私の頑張り、神様は笑顔で見てくださり、神様はよくやった!ってきっと言ってくださるよね?!」と
そう言えるように、その点において後悔のないように、
頑張る。


そして、

報いは時間差でくることもあるということ、

自分の基準では報いは測れないこと、

自分がこれまで神から受けた報いや恵みのことを忘れないこと

を、覚えていられたらいいのかな、と思います。



お見合いも、お見合いパーティーも
精神的、そして、体力的にも、かなりハードな二時間です。

その時間が、すこしでも豊かでよいものとなりますように・・・

心の備えが、日々できますように・・・と

私も、心から祈りつつ・・・。




2017年7月10日月曜日

お見合いパーティー締め切りました。

ありがとうございます。

お見合いパーティー、定員に達しましたので、
一旦締め切らせていただきます。
キャンセルが出た場合は、またおしらせいたします。


たくさんの方がエントリーしてくださり、感謝です。

主に期待しつつ・・・

こられるお一人一人の心が整えられ、そなえられますように。

また、どうかこの会のために、お祈りいただければ嬉しいです。

よろしくお願いします。



2017年7月9日日曜日

お見合いパーティー、あと2名!!!

7/17のお見合いパーティーの現状報告・・・
キャンセルもでましたので、

定員まであと2名です。


しかも、現段階で男性の方が少し多いです!

ここにきて逆転現象が!!
男性がお見合いパーティーにこんなに集まるって、なかなかありません!
久しぶり参加の方、初参加の方もいらっしゃいます。

そして、女性は、全員CCMのパーティー初参加です。

あと2名です!!!


是非、この機会を活かしてください!

>>申込み・詳細は以下<<
https://chubu-christian-marriage.jimdo.com/party2017-0717/


お見合いパーティーは、あたりまえに開催はされません。

パーティーのメリットは、
必ず全員と顔と顔を合わせて話すことができることです。

普通の交わり会、集会、青年会では、
なかなか異性と1対1で話す機会はないかと思います。

たった10分でも、お互いに自分のことを話し、相手のことを聞くことができる。

そして、そこで良い印象がもてれば、連絡先を伝えたり受け取ったりできる

それはつまり、
2人でじっくり話して、よりお互いを知り合うチャンスを得られる
ということです。

※お見合いパーティーの中で、互いの全てを知らなくてもいいのです。
パーティーは「きっかけ」作りの場と心得ていただければと思います。

しかし、このチャンス、きっかけを得る機会は
やはり普段の教会生活や集会では、
ありそうでなかなかない・・・のではないでしょうか?

逆に、普段の教会生活や集会、社会生活で、そういう機会があるのであれば
パーティーに来る必要はさほどないと思います。

是非、よくよく検討してみてください!!!!


年内に、CCMでお見合いパーティーをやるかは未定です。
どちらかというと、やらない可能性が高いです。
(交わり会はやるかもしれませんが…パーティーほどのサポートはありません。)

だから、どうか、この機会を活かしてほしいと
主催者として心から願い、祈っています。

あと2名です!


お待ちしております。

>>申込み・詳細は以下<<
https://chubu-christian-marriage.jimdo.com/party2017-0717/

同じ島国だけど

先日、ひょんなことからフィリピン人のクリスチャンの方と
友達になった。

彼は、とてもオープンで
ほとんど日本語は話せないけれど
ちょくちょく日本に来ては
だれにでも話しかけ
楽しそうに伝道をする
あつい信仰と確信をもっていて
日本で仕事をしながら
日本における福音伝道に携わりたい
と願い祈っているという

とにかく、壁を作らず
だれにでも話しかけ
若い子には「教会に来続けるんだよ!何より大事なことだから!」と
語りかける。
教会のトラクトをいっぱいもらっていき
1週間の間にいろんな人に配ったという。

音楽の賜物のある彼は
教会で飛び入りで賛美を捧げたい、と言った。
とても自由な、そして心からの捧げる思いだと思う。

彼の小さなその願いは
日本のトラディショナルな教会には
受け入れてもらえなかったのだけど・・・。

その教会には教会のやり方があり
礼拝の捧げ方やプログラムは
最善の礼拝を捧げるために考え抜かれたもので
神への忠誠をあらわすためにも
簡単に変えられるものではない
のだと思う。
決められたことを、きちっとやる
それが、神様への最善な向き合い方だ、ということなのかもしれない。

何が言いたいかというと

どちらがいいとか悪いとかいうことではなくて

それぞれの土地柄と民族性があるな

と思った。

フィリピンも日本も
同じ島国だ。

でも、考え方は全然違う。

それは、気候によるのかもしれない。
国の歴史的背景もあるかもしれない。
同じ島国だけど、
フィリピンは、マレー半島を通じて、ヒンズー教、イスラム教、さまざまな文化が流れ込み、スペインの植民地になったり、アメリカの統治下になったりした。
日本は、鎖国時代もあったりして、思いっきり宗教や文化が流れ込んで影響されたり、完全に他の国に支配されたこともない。日本の独自性を比較的維持できたのかもしれない。
ゆえに、オープンさや臨機応変さ、対外的な姿勢については、違いがあるのかもしれない。

どちらにも良さがあると思うけれど、
その2つが接するときに
最初はどちらの常識も通じない、ということは当然だと思う。


同じ、日本の中でも、そういうことはあるかもしれない
と、
ふと思った。

関東と関西では、同じ日本だけれど感覚は全然違う。
土地柄、気候、その土地の歴史があるから、違いがあって当然だ。


けれど、
永遠に分かり合えないのだろうか。

わかりあえないなら、関わらなくていい・・・のだろうか。


きっと昔、多くの宣教師の人たちが
この問題にぶつかったに違いない。
もしかしたら、フィリピン人の彼が感じるような
もどかしさも感じたかもしれない。
けれど、宣教師たちは、大事なことを伝えるために
互いに理解し合い、国を超えて神の家族となるために
その違いを理解し超えていく努力を続けた。
そして、日本に福音が広がり、教会が建て上げられ、
現代のクリスチャンの私たちはその恩恵を受けている。

フィリピン人の彼も、日本への働きの想いは消えていない。
きっと道はあると信じている。そして、今できることをしている。


違いがあっても、最初は簡単には分かり合えなくても
それは「絶対に超えられないもの」ではない。
そして、そこから広がる何か、というものがある。


日本のクリスチャンの婚活を思うとき、
1つの土地にとどまった婚活は、難しいことがある。
その地を離れるべき、べきではない、ということは
私には言えない。

けれど、
土地を離れたくない理由、
他の土地の人はちょっと・・・という理由、
他の教団今日はの人はちょっと・・・という理由
他の世界の人はちょっと・・・という理由が

単に、違いによる恐れ・・・だとしたら

なんというか

もう一度考えてみてほしいな

と、ちょっと思うのだ。

そんなことを

笑顔の素敵なそのフィリピン人の友達との触れ合いから
思わされた。


そういえば、
今回のお見合いパーティーは
中部はもちろん、関西、関東からも参加者が集まっている。
地域のボーダーを超えて、
何かが起こるかもしれない
と、期待して祈っている。

定員まで、あと3名です。

7月17日(月祝)
CCMクリスチャンお見合いパーティー
>>>お申し込みはこちら<<<


7月17日(月祝)
CCMクリスチャンお見合いパーティーを開催します!!
>>>お申し込みはこちら<<<


日時:7月17日(月祝) 
12:30受付開始 13:00~15:00

場所:覚王山レンタルスペース ブギ(地下鉄東山線「覚王山」3番出口から1分)
愛知県名古屋市千種区観月町1-20-1パークアベェニュー覚王山 901

料金:7000円(前払い)※銀行振込、クレジット(Paypal)

参加資格:25歳以上50歳以下、受洗した独身クリスチャンの方
男性ー無職ではない方、重度の精神疾患のない方
女性ー自立生活ができる方、重度の精神疾患のない方

内容:お祈り、進行説明の後、グループトーク、1対1のお見合いトークをし、最後にオファーカードを提出します。

人数:先着20名程度 完全予約制 (最低催行人数 男性3名女性3名)
※最低催行人数に達しない場合、開催を中止した場合は、全額返金をいたします。
それ以外の場合は返金はしておりませんので、ご理解の程よろしくおねがいします。

※お申込みは必ず参加されるご本人様がおこなってください。

>>>お申し込みはこちら<<<